大橋会長 動向(5月)

投稿日時:2015/5/8 1:30 PM
お知らせカテゴリー:お知らせ

2015年5月3日

社会福祉学部の1975年度入学生、1977年度編入学生の同期会が入学40周年を記念して原宿駅近くの「南国酒家」を会場に開催された。約40名の参加があった。

大学の教員としては元学長の京極高宜先生(現・社会福祉法人浴風会理事長)、日本社会事業大学大学院特任教授の佐藤久夫先生が参加された。

今回の同期会は単に旧交を温める懇親会だけでなく、京極先生、佐藤先生、大橋が各々20分ミニ講義を行うプログラムが組まれた。地方の同窓会では懇親会だけでなく、リカレント教育として是非社会福祉セミナーを開催してほしい旨お願いしているが、同期会でもこのような取り組みが行われたのは素晴らしい試みであった。今後、多くの同期会でも見習って頂きたい試みである。

また、漠然と同期会を行うのでなく、かつて学部2期生が卒業50年を機に日本社会事業大学の学内学会に参加するとともに同期会をしたことがあるが、今回のように入学40年といった“人生の区切り”を機に同期会を開催する試みも同窓会として大いに学ぶ必要があり、各期別に広めたい試みであった。

更には、参加者が1学年100人中約40人というは凄いことで、1年前から準備をしてきたからできたことで、この点も学ぶべき点である。

久しぶりに原宿や明治神宮を散策し、昔の古き良き時代の原宿を見つける楽しい一日であった。