日本社会事業大学第15期生の集い

投稿日時:2013/10/25 1:34 PM
お知らせカテゴリー:同期会・ゼミ会

「日本社会事業大学第15期生の集い」のまずはお誘い…

あれから既に、8年間という長い年月が過ぎてしまいました。

そう、日社大の71年入学、75年卒業の15期生の同期会を開催してからの時間、です。

あの頃、私たちは最も脂の乗った人生に邁進できる年齢であり、職場等でも中心的役割を果たしていました。卒業してから、30年という節目の年でした。

15期生は、名簿上は150人近い数になります。その中には、外国からの学生、除籍になった人、退学した人も含まれています。もちろん71年入学者だけではなく、それ以前の入学者が留年により75年に卒業した人も、「15期生」となっています。逆に、71年に入学し、長い勉学を希望し、75年以降に卒業した人も「15期生」としています。

しかし、どのような経過にせよ、私たちは、日本社会事業大学の卒業生、同窓生なのです。

そして多くの人たちは、昨年と今年を中心に60歳定年となり、人生に一区切りを付け、かつ、さらなる人生を歩んでいるはずです。

還暦は、今日の時代にあってはまだまだ「ひよっこ」に過ぎないかもしれません。他方、迫り来る老境に伴い、自らの健康に不安を感じたり、両親等の介護の問題が現実のものとなったりもしているはずです。

2005年の同期会が、主催者としては「最初で最後」という位置付けをして開催したものの、参加者は50人に上り、「また会いたいね」と言い合って二次会を惜しんだものでした。その時点では、「もしも遣るとしても、今度は別の幹事で」、とも話しました。

しかし、現実には各々が日々の業務や生活に追われ、「私が幹事を遣ります」と手を挙げるには至っていません。

今年の6月、社大同窓会の幹事会(全国の代表者の会議)が清瀬で開催されました。その前日に、かつての仲間が若干名集い、旧交を温め合いました。その場で、「こうした仲間内の集まりは今後もあるだろうけれど、できれば、最後の大規模同期会も開催しようよ」との提案があり、議論百出の中、「遣るだけ遣ってみよう」ということになりました。

ということで、どうでしょう。 1975年3月に、日本社会事業大学原宿校舎を巣立った「若者」たちの集いを、清瀬校舎でもう一度、開催してみませんか。

リタイアしたからこそ、また、新しい道を歩み出したからこそ、その来し方を交々(こもごも)語り合ってみませんか。 私たちの青春の日々を、かつ、歩んできた道を語り合うために、この一日(2014年3月15日)だけは、懐かしき同期生のために予定を確保してみませんか。

今以って、お互いに忙しい身ではあると思います。でも、懐かしい恩師や社大のみなさんを囲んで、ひとときを過ごしましょうよ。もちろん、二次会も準備しています。

ということで、積極的なご参加を、心より祈念します。

なお、正式なご案内は、1月に入ってから、返信用の葉書付きで再度お知らせします。今回は、手帳に、「3月15日、同期会」と書いておいてくださいね。

何とぞよろしくお願いします…。

 

とき 2014年3月15日(土)
* 懇親会…14時30分開始、17時頃終了
* 二次会…18時00分開始予定
ところ 東京都清瀬市
* 懇親会…社大生協食堂
* 二次会…清瀬駅周辺の居酒屋
ひよう 懇親会費には、郵送料等を含めています
* 懇親会…5500円くらい
* 二次会…4000円くらい
* 三次会以降…不明

2013年10月18日

「日社大第15期生の集い」呼びかけ人

井上昭夫、井上明美、岩間和代、加瀬裕子、木村尚文、北原恵美子、小暮かよこ、
髙田 哲、長谷川昌子、蛭田元起、細川久史、松原康雄、矢吹和子

註1:詳しい日程等は、1月中には再度、出欠確認も含めて、お知らせする予定です。
註2:恩師、事務局職員等にも出席をお願いする予定です

*以下の方々の住所が判明していません。ご存じの方はお手数でも、正確な住所を至急、本学同窓会(校友室)までお知らせください。何とぞよろしくお願いします。なお、みなさんの住所変更も同様にお願いします。

 

青木 一枝 大島 明博 甲斐田(島守)よし子 山崎(田上)俊子
戸田 咲子 藤村 陽子 松岡 富美子 渡辺 美千子
伊藤 範子 小倉 順子 北野(小林)惠子 佐伯(田中)悦子
田村(能野)マリ 内山 明美 堀沢 慎一 村田 瑞恵
高田 真理 宮原(長山)紀子

 


* 呼びかけ人連絡先=髙田 哲(0134−51−2311塩梅屋方)
* 社大連絡先(校友室・畑戸)=(封筒の住所、042−496−3053)